都市部に比べて地方での起業は競合が少ないため、成功の可能性が高まります。

起業を成功させるために必要な要素

成功へのSTEPをイメージした画像

 

ビジネスの世界は限られた成功の中で奇跡的に成り立つ事ができるように、起業において必勝と言える作戦はありません。
しかしながら、多くの起業家が着実に取り組んでいる王道”と呼ばれる戦略もあります。

 

それは、Amazonが小さな車庫の中からスタートしたように「小規模からビジネスを始める」であったり、着実な仕事を積み重ねて「信頼」を勝ち取れるような商売を行うことであったり、起業には成功させるために無視できない要素のことを言います。

 

その中でも注目したいのが「競合が少ないフィールドを見つける」という事です。

 

 

競合が少ない「地方」に腰を据える事

ビジネスを成功させる要素として「競合が少ない地域」を選ぶという手段は王道にして有効的な手段として広く認知されています。
このことはビジネスにおいて「参入障壁を作る」と言い、シンプルに考えると「ライバルは少ない方がいい」ということになります。

 

これを日本でのビジネスに置き換えると、都心と地方なら「競合が少ない地方」がオススメということになります。

 

例えば、以前は47都道府県で唯一スターバックスコーヒーが無かった鳥取県にオープンした「すなば珈琲」はスターバックスという大きな競合がいないことをうまく利用した際たる例だと言えます。

 

このような逆転の発想で勝利を狙えるのは「地方」での起業ならではの戦略で、成功を納めるための強力な勝ち筋であると言えるでしょう。

 

あわせて読みたい:地方移住のメリットは?

 

 

ライバルの少ない「分野」選びも大切

分野選びをするイメージ

 

地域の差ほどの参入障壁にはならないかもしれませんが“競合を少なくする”という意味では「その地域に最も必要とされている分野」を見極めることも有効的とされています。

 

特に地方で最も必要とされている事業を見つけ出す事ができれば、起業において大きな強みとなります。

 

地域の特産分野

その土地ならではの特産品・伝統工芸品にフォーカスした産業は需要が高いです。

 

先ほど紹介した「すなば珈琲」は、ただスターバックスコーヒーに対抗しただけでなく、メニューには鳥取でしか食べられないと言われる幻の名産品「モサエビ」を使ったメニューを備えており、しっかりとブランディングされています。

 

このように競合が少なく、地域の特産品を扱う商売は強烈なポイントとなるでしょう。

 

IT・AI・IoT分野

IT業界の仕事は基本的に通信環境があれば完結できる場合がほとんどです。
それだけに参入障壁としては低く、競合が心配されてしまいます。

 

しかし、地方はおろか都心ですらもエンジニアの人手は足りないとされており、需要の面では圧倒的に価値があります。特にAI・IoTは地方で輝くことになるでしょう。

 

 

成功は戦略的に勝ち取る必要がある

ビジネスでの成功は最終的な結果でしか判断することはできませんが、それでもいくつかの勝者が通った道というものは存在します。

 

中でも「競合が少ない」場所・分野を選ぶというのは基本にして非常に重要な考え方になります。
起業をする際はそういった点も考慮して、拠点を探してみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ戻る