地方移住におすすめしたい魅力的な都道府県を3つご紹介します。

移住にオススメの都道府県

おすすめの移住先は?

 

地方への移住は憧れがあるものの、いざ実行に移すとなると不安が付き纏い誰かに相談したくなるものです。
このような人間の心理から「移住を考えている人が多い魅力的な地域」「移住相談窓口への相談件数」は比例していると考えられます。

 

特に今回ご紹介したい都道府県は、移住相談件数が「1年間で1万件」を超えている、移住希望者にとって夢が詰まった3つの地域になります。

出典「平成30年度における移住相談に関する調査結果」(総務省)

 

 

長野県

地方移住の最大のメリットとされている「自然の多さ」で圧倒的な魅力を誇るのが「長野県」です。
3,000m峰の数全国1位、日本百名山の数全国1位、森林セラピー認定箇所全国1位という全国屈指の自然に溢れた地域になります。

 

自然が多い地域ではストレスの原因物質であるコルチゾールが減少するという研究結果もあります。
それも相まって長野県の幸福ランキングは全国で3位という結果も出ており、移住希望者の魅力ナンバーワンに輝くのも頷く事ができるでしょう。

 

新潟県

飛行機なら1時間、電車でも2時間程度で東京から足を運ぶことのできる「新潟県」は、長野に次ぐ移住相談件数を誇る人気の地域です。

 

特に基本生活費や、移住の際における住宅購入費は都心より低く抑えられる傾向にあり、主力農業のIターン、Uターン制度も整えられている魅力的な県になります。

 

また、1日数千円で移住の体験ができる古民家の提供も行っています。
ギャップのない納得の移住を行うために県が一丸となって移住者を支援する心意気が受け取れるのも嬉しいポイントになるでしょう。

 

北海道

言わずもがな、海の幸で右に出るものはいない「北海道」は移住地としても人気があります。
何と言ってもカニ・イクラ・ウニその他海産物のグルメが魅力的ですが、広大な土地から提供される大自然や動物との共存は、人々を魅了してやまないようです。

 

また、北海道の主要産業は“農業”“漁業”です。
その生産力は全国でもトップレベルで、漁業生産量に関しては全国の2割を占めているほどです。

 

このことからIターンやUターンの目的の1つにも挙げられる「起業」という面でもレベルが高く人気の地域となっています。

 

 

移住を成功させるにはサポート制度を活用

サポートするイメージ画像

 

移住には様々な形がありますが、最終的な定着率はそこまで高くありません。
総務省が実地する「地域おこし協力隊」が任期を満了した後も、農山漁村に定住した割合は48%と半分を割っています。

出典「Iターンによる定住の状況」(農林水産省)

 

このような移住における定着率の問題を解決するためにも、移住者は各地域における「サポート制度」をしっかり活用して、金銭面や生活面で支援を受ける事が求められています。

あわせて読みたい:地方ならではの補助金や助成金

 

 

新しい環境で新しい生活を始める場合に不安はつきものですが、まずは頼れる人を見つけ、時に支えてもらう事が理想の移住を成功させるコツなのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る